AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<黒猫肉球紋採取> 拒否者には強制力行使も・・・呆無省(追記あり)
黒猫は縁起が悪く「黒猫が目の前を横切ると通り過ぎると悪いことが起こる」等、国内での安全対策を理由に、さる10/20より在日黒猫の肉球紋提供を義務づける「黒猫審査制度」が施行されることになった。

呆無省猫管理局が、肉球紋提供と退去を拒否する黒猫は収容し強制的に採取するよう地方の猫管理局に通知していたことが分かった。同制度について、呆無省は強制的に肉球紋採取はしないとして「提供」と説明してきたが、拒否者に対して強制力で臨む措置を指示した形だ。「黒猫を犯罪者扱いする運用」との批判が強まりそうだ。

「このままでは誤った迷信により黒猫への差別意識を助長しかねない。2002年にいったん入国管理法も改正されたのに、なぜ今さら・・・」と黒猫活動家のジジさんも当惑の色を隠せない。

本制度の実効性についても疑問視する声は大きい。「国内での災害発生率は黒猫の住む地区との相関関係は未だ示されておらず、また犯罪率についても他の三毛猫や雉猫との有意の差は見られない」と猫犯罪学の権威、岡ごえもんさんは指摘する。
「実際の危険性は他の猫と同じ。今回の制度の対象にはならない黒豹の方が性犯罪に手を染めるケースは多く、はるかに危険である。また、安全対策を理由にするのなら猫管理局の管理下で日本に居住する猫ではなく、船舶などにより不法に入国する猫の対策をすべきではないか。」と続ける。

 猫管法に詳しい関係者によると、不法残留容疑などで黒猫の違反調査を行い、肉球紋を採るのは任意が原則で、強制採取はほとんどないという。関係者は「拒否者は入国できない以上、危険が国内に持ち込まれることはない。さらに肉球紋を強制的に採取しブラックリストに保存する正当性はあるのか」と批判する。

また、黒猫の殺害が横行するイタリアに対し国際的な非難も高まりつつある今日、その猫権擁護の流れに逆行するかのような呆無省の強圧的な態度には国際的な批判の高まり、他国からの制裁措置もあるのではないかと懸念される。

(追記)
村野瀬様のところで「日本に入国する外国人の指紋採取、顔写真撮影義務付けに反対します(インターネット署名のお願い)」をやっております。要チェックっす!

スポンサーサイト
オラウータンのクークーくんのお話だよ
ハーイ!

昨日のペットの話が遅くなった・・・って書いたのはね、実はジョージくんのところにヤスくん、サメノーくんがプレゼントしてくれる3代目のペットが届いたお話があるからなのさ。

送還されるクークー

今度のペットはオラウータンの一種でクークーくんって言うんだ。間抜けっぽい名前なのが先代、先々代からの伝統なんだね。
1代目のポチと違って、ちょっとはにかみ屋さんなんだ。すぐに「フフ・・・」なんて笑うのがクセなんだ。でもね、ちょっと中途半端なんだ、コイツって。

だって、ポチって「米国債」って書いた紙切れを投げたらJPってラベルのついたン兆円入った現金袋を持ってくるナイスなペットだったんだぜ。引き換え、クークーは何を言ってもやる気があるんだかないんだか生返事ばかりで、役にも立たないねじれた知恵の輪をいつまでもやってるグズなんだ。ヤスくん、サメノーくんからはじめてのお使いを仰せつかって来たみたいでジョージくんにゴマする素振りはあるけど、てんで役立たずなのさ。

でもね、ジョージくんの話だと「能ある鷹は爪を隠す」らしいんだ。最近ヤスくんのとこでは光学迷彩どころじゃない認知心理学迷彩なんて技術も開発してるんだって。頭の悪い君たちにもわかりやすく話すとね、存在感を極限までなくすと目には見えていても誰にも気づかれないってことさ。実は無能で何もできないクークーくんが自然界で生き延びることができたのは本能的に、この認知心理学迷彩を駆使していたってことが大日本毒電波研究所でわかったのさ。なんか、ステルスガンダムを作るのにこの技術を使うんだってヤスくんがはりきっていたよ。道理でいるのかいないのかわかんないペットだよね、クークーは。

まあ、届いた1時間後にワシントン条約に違反している保護指定動物だということがわかって、ジョージくんはとっととヤスくん、サメノーくんの許に送り返したんだ。なんか、寿命も短いみたいで「あと3ヶ月も持たないんじゃないかな」なんてジョージくんに家庭教師のチェイニーさんが耳打ちしてたの聞いちゃったよ。クークーって間抜けで無能でいいとこなしだけど、ちょっと可愛そうな話だね。

そういえば「アメリカのシラミ」が親しげにしていた回転寿司もすぐに看板降ろしちゃったみたいだけどヤスくん、サメノーくんたちも大丈夫かなあ?ジョージくんはこの間の10月1日にポチがJPラベルの現金袋を持って来たから、あんまり気にしてないみたいだけどね、HAHAHA!

じゃ、またね。

遅くなったけど可愛いペットの紹介だよ!
ハーイ。

今日は僕のメル友、アメリカ帝国の白いおうちに住んでいるジョージくんが送ってきてくれた可愛いペットの紹介だよ。
ペットの名前はポチっていうんだ。日本語で「純ちゃん」って意味なんだって。面白い名前だよね、ポチだってさ!

可愛いペット(全身)


ジョージくんが機嫌の悪いときには「年次改革要望書」って書いた根性棒(毛筆で書いたこの字がまた達筆なんだ(訳注1))でポチをしつけるのさ。といってもポチはジョージくんが大好き。だから、そんなことしなくても、ジョージくんの言うことを丸呑みしちゃうんだけどね。

可愛いペット(ヘソ天)


ポチはヘソ天が大得意。ジョージくんにモフモフしてもらうのが大好きなんだ。なんか「これは40年ものの米国債だよ~ん」なんて言って紙切れを目の前にチラつかせるだけで犬なのに、すぐにゴロニャンしちゃうみたいなんだ。楽しいよね。
それから、ポチって犬のクセにプレスリーの物真似が大好きなんだって。サングラスかけていきなりプレスリーの歌を真似するんだ。生意気だね。今度、犬の鳴き声のプレスリー・トリビュートアルバムが企画されるようだったら、メインにポチを使わせるってジョージくんははりきっているんだ。実現するといいね。

そういえば、どこかでポチはジョージくんの前で土下座するのが得意だなんて言ってる人がいたけれど、あれってきっと「(my)dog eat that(shit)!」ってジョージくんが言ったのを聞き間違えたんじゃないかな?
だって「私は日本のシラミです」なんて言う語学力のない人がいるくらいだもん。エンペラーズイングリッシュ聞き取るのってきっと難しいんだよ、hahaha!(訳注2)

じゃ、またね!

(訳注1) 残念ながら画像がなかった。。
(訳注2) 多分、アメリカンイングリッシュの勘違いだと思う・・・。

防衛省が開発していたのはガンダムではなく多脚砲台だった!(補足あり)
防衛省によるガンダム開発が話題になっているが、既にあちらこちらで指摘されているように期待はずれの歩兵の兵装に毛の生えたモノであるらしい。しかし、旧日本軍の血を色濃く残した防衛省がそんなものでお茶を濁す筈がない。

そこで独自のルートで入手した情報を公開する。
本土血戦兵器・零七式多脚砲台、開発コード「黒豹」である。既に実物大モックアップも作成されており、1/8スケール模型により制御動作の検証実験に入っているようである。

本土血戦兵器・零七式多脚砲台、開発コード「黒豹」

本土血戦兵器・零七式多脚砲台、開発コード「黒豹」


(補足)
 勢いだけで作っちまったので、おまけ↓
20071111022842.jpg

  う~ん、我ながら気持ち悪いものつくっちまった・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。