AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地方を恫喝することはないという欺瞞、または国家によるテロル
いささか旧聞に属するが、福田氏の国会答弁を見てたら「国が地方を恫喝するようなことはない」という趣旨のことを言っていた。

うそこけ!

今週末、市長選をむかえる岩国市に関する情報に触れるだけでも、地方交付金を楯に恫喝していることは明白である。言うまでもなく自分は岩国市の選挙民ではないが井原市長を支持するし、井原市長の判断は十分に妥当性があると考える。

このような欺瞞はあちらこちらに見え隠れする。暫定税率撤廃による地方予算がほぼ半分の減額となるとか原子力政策に伴う補助金制度とか・・・。

このように虚偽の情報を以って、当事者たる市民に国からの予算削減により日々の生活が脅かされるという恐怖感を煽り、一部の人間(あえて国とは言わない)の意図するところに誘導しようとする行為。それは国家の国民に対するテロリズムだ。

日本国民にとってテロとの戦いとは遠い国の民間人を殺戮することに手を貸すことではない。与党政権を下野させるための戦いこそがそれではないかと思う今日このごろである。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
朝から岩国のことが気になります。祈るような気持……  で、こんな時に露骨ですよね。  昨日9日、在日米軍再編に伴う地元負担...
2008/02/10(日) 22:47:29) | とむ丸の夢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。