AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベラ・ルゴシは生きていた・・・か?
準備していたネタが幾つかあったのだが、そんなものを全て吹き飛ばす事件があったのでそちらを優先する。

筋金入りのファンであれば、目を疑うものを見つけてしまったのだ。まさか、そりゃないだろうなと思っていた。だって、あの偏屈ゴスオヤジ4人組だぜい?

そう、バウハウスの25年ぶりのスタジオ・レコーディング・アルバム「GO AWAY WHITE」だ!

いやあ、突然の再結成時のライブアルバム「GOTHAM」から早10年、アメリカのアダルト・コミックを原作にしたアニメ映画「HEAVY METAL2」に提供したスタジオ・レコーディング曲「TheDog'sVapour」もほとんど隕石に衝突したような偶然の産物なんだろうなと思っていただけに、マジに予想もしなかったのだ。

正直、98年当時のスタジオ・レコーディングの音源、「TheDog'sVapour」もデッド・キャン・ダンスのカバー「severance」もイマイチだったのだ。なんかピーター・マーフィーとラブロケ組との間の空気の違いみたいなものがそのまんま音に出ちゃっている感じだったのだ。だから、実は「ピーター・マーフィーwithラブ・ロケ」なんて音になるんじゃないかとビクビクしてたのだ。

で、聴いてみたら「21世紀のゴスなジギー・スター・ダスト」だったりする。18日間でほとんど一発録りという噂なので、タイトなバンドサウンドはやたら整合感があって躍動感がある。漆黒の闇を期待すると、判読に窮するアルバムジャケット同様、オフホワイトな印象の仄昏さにビミョーな肩透かしを食らわされるが、個人的には全然OKだったりする。どちらが歩み寄りを見せたのかはわからんがとりあえず、この音はアリだと思う。ちなみに「TheDog'sVapour」は本アルバムに収録されている新録の方が好きっす。

ロートル・ファンとしては相も変わらぬゴリゴリのバウハウス節を聴いてみたかったような気もする。しかし、あの4人組がセルフパロディを演じているとこは流石に見たいとは思わんので、必然性を感じられるこーゆーアルバムでよかったとまずはほっとしている。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バウハウス
アルバム出したんですね。1月だったか友人がライブでカバーしていて、それから80年代リバイバルの話になって、リリースのことを聞きました。

>18日間でほとんど一発録りという噂なので、タイトなバンドサウンドはやたら整合感があって躍動感がある。
当時は演奏がいまいち緩いと感じてあまり思い入れがなかったんだけど(グラム~ニューウェイヴのカバー集がいけなかった、元曲の演奏者が上手いのばっかりなんだもん。イーノさんなんか特に)、あの頃から現役でやってるミュージシャンて、音が円熟するより引き締まることも多いから、カッコ良さそう。

で、話を80年代リバイバルに戻すと、近所のレンタル店でもデュラン・デュラン、ティアーズ・フォー・フィアーズ、ニュー・オーダーあたりのベスト盤が新しく入ってます。やっぱりシングルヒットのあるバンドが強いみたい。
前述の友人はその次のライブで今度はタキシード・ムーンをカバーしてたけど、当時のバンドで一番好きなのはデッド・ケネディーズ。しかしデッド・ケネディーズは去年か一昨年ヴォーカルを代えて再結成して、ヴォーカルはイロモノに路線変更してしまっているからダメだそうです。

ところで90年代前半にピーター・マーフィーという作曲家がミルバに1曲提供しているのですが、バウハウスのピーター・マーフィーと同一人物なのかどうかご存知でしょうか? 当時のミルバの作品解説には「主にヨーロッパの歌手に作品を提供し、デカダンな雰囲気が特徴」程度の記述しかなく、ずっと気になっています。
2008/03/12(水) 21:39:46 | URL | 千年虫 #7tx8cIQU[ 編集]
おはようございます。
バウハウスといえば、建築史上の運動としかしらなかので、えっ、そんなロックバンドがあるの? と思いました。
で、wikiを見ると、ちゃんとこの二つ、関係があるんですね。
2008/03/14(金) 10:24:10 | URL | とむ丸 #rZtJR6xo[ 編集]
千年虫様、申し訳ありません。
>千年虫様
申し訳ありません。
ミルバへの楽曲提供者については全然押さえてませんでした。

あと、本作は緩さ云々の点で、もしかすると千年虫様的にはアウトかもしれません。

ポストパンクなアーティストの演奏については受け手も含めて感性一発なところがあり、評価が難しいと常に思います。そういった意味ではサトちゃんとかフリップ翁の方が問答無用の説得力がありますね。
2008/03/20(木) 01:04:51 | URL | AmlethMachina #-[ 編集]
とむ丸様
活動当初はバウハウス1919と名乗っていたらしいのですが、シンプルにバウハウスにしたということです。

ちなみにデッサウのバウハウスとの関連については、思想的な関連性があるから選んだのだというメンバーもいれば、単に力強い語感だから選んだバンド名だとするメンバーもいて真相は藪の中です。

なにより再結成時のインタビューでバンド名の由来についてメンバ間でイチイチもめるといった大人げないところがファンとしてなんといっていいのやら・・・です。

2008/03/20(木) 01:12:51 | URL | AmlethMachina #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブッシュのプードルと評されていたトニー・ブレア前英首相。  これに対してブッシュ大統領は、いやいや「プードル以上だった」と言ったとか...
2008/03/14(金) 10:36:54) | とむ丸の夢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。