AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「銀河赤道祭」は「たそがれに還る」だった
野阿梓の「銀河赤道祭」(ハヤカワSF)を買い直して再読する。

以前読んだ時はシェイクスピアのハムレットを創作行為のレベルで再創造した傑作「凶天使」の読了直後だっただけに、アレッ?"という印象だったのだ。再読してみて、本作と同じ主人公オージュール・パラジューデラが登場するデビュー作「花狩人」(ハヤカワSF)と座標がズレておらず、ヘンにBL系ラノベを意識したような以降の作品に比べて好感度は高い。ただ、構成的にあまりに混乱した印象で完成度の点では?である。

そういえば作者が「凶天使」を光瀬龍「百億の昼と千億の夜」(ハヤカワSF)を意識して著したようなことをどこかで言っておったので、もしかしたら、本作のビミョーな出来も「たそがれに還る」」(ハヤカワSF)と位置付けると納得できるかもしれん。

だからどうした...と言われると返す言葉もないのだが。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。