AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トイレが溢れている!
近所のレコファンをぶらついてたら、リンボーマニアックスの1st「Stinky Grooves」を見つけたのでつい買い直してしまった。

フィッシュ・ボーン、リビング・カラー、スティーヴィー・サラス等がミックスチャード・ロックとして紹介されていた90年代前半に同様の文脈で紹介されていたバンドである。

昔、売っ払っしまったのは知能指数低めというか、中坊のトイレの落書きみたいな歌詞があまりにアレだったので手許においておくのがこっぱずかしかったのだ。大体、「おれにはポルノが必要なんだ」とか「くっさいグルーヴ」なんてアルバムタイトルは自分が人並みの知性を持っていると思っている人間は普通手にしないだろう。

しかし、聴き直してみて思うのだ。年取って気恥ずかしいとか知性派気取ってみたいとかゆー衒いがなくなったからかもしれん。正直に言う。いい!

音はミックスチャーと呼ばれる連中の中で最もファンクしている。というよりジョージクリントン率いるファンカデリック連中直系の音じゃん、これ。ブーツイー・コリンズやらメイシオ・パーカーが参加しているからそう思うのかもしれんが・・・UFOはいないし、おむつはしてないがお馬鹿なノリ全開なこの世界ってどう聴いても、ヘビメタギターまでありありのファンクサウンドなのだ。ビル・ラズウェル・プロデュースのこの音はサイバーファンクなんて感じでかっこいい。でも、「トイレがつまって洪水だ!」なんて・・・。(しつこい!)

なんか、いつの間にかリンボーマニアックス自体はフェードアウトしちまった感がある。リアルタイムで聴いていた当時、恥ずかしがらずにもっとテンション上げて聴いておけばよかったと思う今日このごろである。

それにしても、このかっこよさ。タックヘッド並に評価されて然るべきと思うのだがなあ・・・。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。