AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポテトチップチョコを食べてみたが・・・
先日、北海道出張に行った同僚がロイズのポテトチップチョコをお土産に買ってきてくれたのだが・・・。

ポテトチップにチョコレートがかけてあるその怪しげな姿といい、おまけにチョコが溶けかけていたのがヴィジュアル的に思いっきりアウトであった。

実際に口に放り込んできたところ、ポテトチップの塩味とチョコレートの甘さがお互い勝手に主張しあって調和するわけでもなく、さりとてあからさまな不協和音を奏でるわけでもなく。要は脳が舌からの情報を処理しきれずにパニックを起こしているような状態だったのである。マクビティ・ダイジェスティブ・ビスケット全粒粉チョコレートが一番近いという指摘をどこかで見かけたが、そういえなくもないが、さりとてそれで納得できるような代物ではなかった。旨いとも不味いとも断じがたいその味わい。スティービー・サラスがブーティー・コリンズと組んだサード・アイというバンドのサウンドが一番近いイメージだと言ってわかってもらえるだろうか?(わかるわけないか・・・)

その後の追跡調査により世の中は広いということを思い知らされてしまった。というのも、いかチョコとか柿の種チョコなどチャレンジャー精神をくすぐるものが他にも在るというのだ。いかチョコにいたってはハワイアンいかチョコなる存在もあるのだ。話のネタとしてはアリかもしれんが・・・ううむ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。