AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多分、私もあなたも加害者なのだ。
ビルマの民主化運動、民衆デモに対する武力による弾圧については正直言って、何から言えばいいのかよくわからない。
とりあえず自分の考えを整理するために。

他のブロガーの言を待つまでもなく「軍は国民を守らない」ということを目の当たりにした訳だし、また安全保障上の理由で対米追従の軍事政策を強めている日本において既にそこまで忍び寄っている危機的な状況だと思う。その現実ははっきり認識すべきであろう。ビルマの姿が明日の日本の姿である可能性は高いのだから。

さて、民主運動が弾圧されている現実を前にビルマの軍事政権に対する抗議行動、経済制裁も必要だろう。

しかし、現状では実効性に乏しいのではないかと疑っている。というのもとむ丸様のエントリ「ODA テンパーセント・マダム」で日本がビルマ軍事政権に対する最大援助国であること、日本の特定企業グループ、政治家がODAを収奪するシステムになっていることが語られている。ODAが日本企業による収奪目的で行われているという話は以前から話としては知っていた。しかし、実際にビルマの状況がここまで悪化して初めてODAが一部富裕層の軍事政権化に加担しており市民にはこれっぽちも還元されていやしなかったことを意識する始末である。

日本の経済界がODAによってビルマ(あるいはその他の国)を収奪する構造が変わらない限り、高村外相にしても「国内でも抗議の声が上がってるから、とりあえず抗議しているポーズをしとこう。ニャン・ウィーくんそこのところよろしく、てへっ」なんてレベルの対応に留まるだろうし、日本の経済制裁も適当なところで回避されODAは続くに違いない。今後もビルマの武力弾圧は「軍事政権による人権の侵害」というフレームでは何ら解決の糸口はないだろう。

このことは日本の他国からの収奪行為を無知か意図的かに関わらず容認してきた私、そしてあなたたちも加害者の一人であることを意味する。正義感や義憤で抗議行動を起こすのは当然のことだと思う。そして、その行為は無意味ではないと思う。しかし、本気でこの状況を変えたいのなら、日本政府にODAによる婉曲的な植民地主義的政策の転換を図るよう促すしかない。テロ特措法の問題も含め、私たちは覚悟を決めて日本が世界の中でやってきたこと、そしてやっていることときちんと向き合わなければいけない時期が来たのだろう。

(BGM: "JoinHands" by siouxsie and the banshees)

P.S

1件目。ここ1ヶ月間、総理大臣がいない状態だったわけだが、なんとなく国が動いているところを見ると自民党がほざく政権担当能力っつーものは幻想だということが図らずしも証明されたわけだ。もし、それでも自民党が政権担当能力云々をほざくのなら過去の実績をデータとして全て公表、アクセス可能な状態にしてもらいたい。そうすれば過去の自民党政策の妥当性が検証できるわけだし、国民も納得できるよなあ。

2点目。しばらく前の経団連の御手洗氏による「厚生年金の税金による全額負担」発言。あれってもしかしたら「企業減税、消費税増税」の言い換えじゃないかという気がしてきた今日このごろ。厚生年金の企業負担分は支払いの必要がなくなる訳だし、その分税金のどこかに組み込まれるわけだし・・・。でもって厚生年金の自己負担分を基本給与から減額なんてシナリオもこっそり忍び込んでたりして。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ。
ODAのことでも他の外交問題でも、あまりにも不透明なことが多すぎますし、日本人が登場してこないと、よそのこととして、無関心すぎる。自分もそんな日本人の1人ですね。
2007/10/02(火) 16:03:48 | URL | とむ丸 #rZtJR6xo[ 編集]
レス遅れました。申し訳ありません。
今回、日本人が犠牲になったことで話題になりましたが、年金問題などの話題に隠れ一瞬のうちに忘れ去られることでしょう。自分もいつまで現在の気持ちを維持できるか正直自信はありません。
しかし、少しでも長く記憶にとどめ、投票行動などにつないでいかなければと思っています。
2007/10/04(木) 22:53:25 | URL | AmlethMachina #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。