AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、こんなん聴いてます
たまには音楽系ブログらしいお話を。
最近、聴いてるCDを新旧譜問わず紹介っす。

THE CURE 「Mixed Up」
いわゆる広義のゴス。70年代末のデビュー作から「ポルノグラフィー」のあたりまでは暗黒浮遊感のある音をバックに猫なで声のロバートスミスのボーカルが異常にかっこよかった。以降、ポップミュージックへの接近を見せるがゴス感覚を消化した上なので一筋縄ではいかないひねくれ感が、いわゆるメインストリーム系の音と一線を画しておった。ちなみにロバヲのルックスは、こいつらが海外ではアリーナ級のバンドとして受容されている事実が納得できないアングラ感を醸し出している。
ちなみにこの音源は90年初頭に「ディスインテグレーション」の前後にリリースされた旧譜からのリミックス集。どの曲も好きなのだが、やはり当時は「NeverEnough」が一番好きだった。

CruciFiction「on the verge of tears」
ロシアの美形5人組によるゴスっぽいアイドルポップ。一昨年にリリースされたものだが、NEW GLAMというキャッチをハイプと見るか本気か悩んだがルックスが決定打で購入。
音楽的には文字通り身もふたもない浪漫チックサウンドで気分は70年代少女漫画のロックバンドである。といっても揶揄しているわけではなく捻りのないストレートな作りが高感度高い。日本のビジュアル系聴いているムキにも全然問題なく入ってくる楽曲ばかりなので洋楽なんて聴かないよ・・・ってムキこそ試して欲しい。個人的にはビジュ系バンドのラファエルを思い出しちまったぞい。

キャンディフリップ「マッドストック」
なんかHugh誌の80年代特集でとりあげられていたけれど、90年代の始まりとして評価すべきアルバムなんじゃないかと思うのだが・・・。
88年以降のレイブミュージックの流れの一つなのだが、当時は「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のなめたカバーをやってるユニットというイメージでハマれなかった。同じ傾向の音でもクリエイションレーベルからリリースされてたラブ・コーポレーションの「ラブ」の方が圧倒的に好きだったので、最近までずっとほったらかしにしていたもの。
今聴いてみると当時は結構偏見があったなあと反省することしきりである。


オージー「ヴェイパー・トランスミッション」
KORNの主催するエレメントリーから2000年にリリースされたサイバーゴスなアルバム。アン・ライスの小説「ヴァンパイア・レスタト」の優秀なサウンドトラックだと思う。
所謂ヘビーグルーヴを消化した上でエレクトロニカに接近した音は出自は違うが、ゴシック・インダストリアル・メタルなんかと共通する感覚がある。ゴスといってもポストパンク期のバンドとはアレクサンダー・マックイーンとH.A.NAOTOくらい違うっつーか,よくできたプラモデルみたい印象があるが(なんのこっちゃ?)これはこれでグーっす。うるさいところが特にいい。

ピンコピンコ「ザ・モダン・ボーイ」
94年リリース当時「スウェディッシュポップのBLUR」みたいな紹介のされかたしていたけど、BLURほど捻くれた感じもタカビーな感じもないので「好感は持てるけど毒にも薬にもならねえバンド」とほっておった。しかし今聴くとポップミュージックとしての楽曲のよさは少しも損なわれていない。もちっと嫌な連中だったらもっと売れたんじゃないかと思う。

マシュー・スウィート「ブルー・スカイズ・オン・マーズ」
左腕に「うる星やつら」のラムちゃんの刺青を背負ったソングライターのギターポップアルバム。文句のいいようのない出来っす。おまけにジャケットはバイキングの送ってきた火星の写真にロジャー・ディーンのデザインしたロゴが踊るというSF者には避けてとおれぬ代物。それだけでオールOKっす。
ちなみにゴスを標榜しているので意外に思われるかもしれないが、自分は必ずしもプログレを敵視してはいない。イエスでもキンクリでもピンクフロイドもOKである。特にロジャー・ディーンのイラストつきのジョン・アンダーソンのソロ「サンヒーローのオライアス」なんか大ッ好きである。あとチェンバーロックのアール・ゾイもお気に入りだし。
要はジャンルとしての形式に甘んじているバンドはいかなるジャンルにおいてもつまんねーと思うし、はみ出していく要素のあるアーティストであれば3ミニットポップであろうとハードロックであろうともいいと思うということっす。もちろん様式美には様式美のよさがあることは理解しているつもりやけど・・・。

ニールズ・チルドレン「サムシング・パーペチュアル」
昨年のID誌「Horror」特集号で紹介されていたバンドなのだが、キュアーっぽいビジュアルとゴスポップという紹介のされ方をしておって、つい手を出しちまったわけだ。
最近はフランツ・フェルディナントとかNWリバイバルな音を出すバンドも色々ある。しかし、この連中、ポストパンクそのものの音をポコっと出しちまっている。っつーか懐かしいとか言ってる余裕もないくらい、切迫感もってポストパンクなざらついた音を出しとるのだ。過去にリリースされてた「オールウェイズ・イズ・セイム」なんて初期スージー・アンド・バンシーズみたいなヒリヒリするようなギターサウンドを出していていいぞ。(ちと、誉めすぎか?)


以上、とりあえず駆け足にて。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
昨日は植草さんが実刑判決を受けたのを知り、どっしりと重い、動かしがたい空気のようなものを感じたかと思ったら、今日はまたヤメ蚊さんのところから「転載・引用熱望」記事のTBが。 植草さんが手鏡云々で逮捕された後だ
2007/10/18(木) 10:06:58) | とむ丸の夢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。