AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
論理的帰結を受け入れることのできない人たち
「13日の水曜日」のコメント欄で、科学系トンデモと歴史修正主義との共通点のことにチョビっと触れらていて、それに対し中途半端で無様なコメントを投稿してしまったので自分のエントリで補足。

自分では自明のことだと思っていたのだが、念のため。
自然科学トンデモ系も歴史修正主義なかった系も基本的には次のように定義する。
「客観的な事実に基づき最小限の仮定で追検証可能な論理から導出された帰結を受け入れることのできない人たち」

以上。つまり、最初から議論に値しない。しかし、やっかいな存在ではある。

時空が伸びたり縮んだりするするのが気に入らないとか、月面での運動が気に入らない、日本軍による虐殺があったのが気に入らない、従軍慰安婦の存在が気に入らない、集団自決に軍が関与していたことが気に入らない、沖縄県民集会に県民が集まったことが気に入らない。要はそういうことだ。だから、願望としての論理的帰結をうるために論理構成のつぎはぎ、蓋然性のない仮定、データの恣意的な操作を行う。

自分は自然科学も歴史学も基本的には以下の手続きで行われていると考えておる。
①客観的なデータや資料に基づいて理論を構築する。
②データの取り扱いにおいては可能な限り少ない仮定を適用する。
③適用される論理は誰が追試検を行っても同じ結果が得られる。あるいは論理を追検証しても同じ結論が得られる。
そして提示された仮説の正当性が第三者によって検証され、信頼性のある理論となる。

トンデモな人たちは、一般的に流布している理論や学説は既に多くの人によって検証済みであることをまるで理解していない。残念ながら学問の世界はカルトな誰かが言った戯言を盲目的に信じるものではない。つまんねえ検証を積み重ね、それに耐えうる理論が生き残るのだ。仮に、主流の学説をひっくり返す可能性のある信頼するに足る仮説であれば、皆間違いなく飛びつく。だから、一夜漬けで仕込んだ知識でひっくり返せるような代物ではない。いわゆる科学的思考とはそのように文明が知のデータベースを蓄積するための方法論なのだ。

当然、前提となるデータにも不正なものが紛れ込むことはある。しかし、一部の不正なデータにより理論全体が否定されることはありえない。データ全体を無理なく説明可能な理論が採択されるだけだ
このことは現行理論にとって代わる理論を提示することは、現行理論が説明しているデータを無理なく説明でき、なおかつ現行理論の説明できない問題点が説明できなければならないことを意味する。もし、現行理論が説明しているデータを単に説明できるだけであれば新理論を採択する必要は全くない。

新理論を提示する側が「なかった」論は証明不可能だ。だから現行理論側に証明義務があるというのは無意味である。なぜなら証明責任は新理論側にあり、現行理論側は過去の検証結果を提示するだけでいいのだ。そもそも、現行理論側に新たに証明させるのは無駄でしかない。そもそもトンデモ系のほとんどは現行理論の検証を行っていること、それ以前に正しい知識を有していることも稀だと考えている。

つまり、現行理論が検証済みのデータの整合性等に不都合がない限り、新理論はそもそも必要はないということだ。現実には適用限界とか、過去になかったデータが出てきて理論は修正されるが、多くの場合は現行理論を包含する形で拡張される。完全に捨て去って新理論を採択するようなことはあまりない。

ここまでは新理論を提示することがどういうことか自分の考えを述べたつもりだ。本当の問題は現行理論から導出される帰結をなぜ受け入れることができないのかだ。時空が伸び縮みする帰結が受け入れられないのは、感覚的にはわからないでもないし同情しないこともない。ニュートン力学からアインシュタインの世界に拡張される必要のある条件が日常生活には存在していないからだ。

しかし、なかった系についてはまるで理解できないのだ。

なかったという結論によって何かメリットがあるのだろうか?
そもそも、国際社会において検証済みの理論を否定することによるデメリットは思いついても、メリットは思いつかない。仮に謝罪がいやだとか戦後保障がいやだとかいう理由でなかった論を展開し維持するとしたら、その虚妄を維持するためのコストは馬鹿にならないし、リテラシーを排除するのだから有形無形のデメリットは無茶苦茶大きい。そんな無駄なことをするのなら素直に謝罪したほうがはるかに少ないコストで周辺諸国からの信頼は得られると思うぞ。

他国から似非科学や歴史修正主義に頭が汚染されている馬鹿国家認定されたくないぞ、自分は・・・。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。失礼します。
碧猫さんの所から飛んで参りました。
例の「歴史修正主義者」からのトンデモコメントの持ち主です。
その歴史修正主義者にコメント返しするのに貴殿のこのエントリーの一部を引用させて頂いてもよろしいでしょうか。
TBできるといいのですが、auoneブログは外部サイトとリンクできないのです。
某ブログで見かけた、という形でコメント返しに使いたいと考えております。
主旨を変えない程度に若干文章を変えさせて頂くかもしれません。
もしご都合が悪いようでしたら、遠慮なくお断り下さいね。
どうぞよろしくお願いいたします。
2007/10/19(金) 15:59:38 | URL | アニカ #OOupb5gQ[ 編集]
全然かまいません。
お役に立てるようでしたら、是非ご使用ください。

これからも、よろしくお願いします。
2007/10/20(土) 01:04:44 | URL | AmlethMachina #-[ 編集]
ありがとうございます、助かりますm(_ _)m
コメント返しは明日以降にしようと思ってます。

こちらこそよろしくお願いいたします。
2007/10/20(土) 01:11:09 | URL | アニカ #OOupb5gQ[ 編集]
こんにちは
返信を書いてみたら、使わせていただこうと思ってのが使わずにすんでしまいました(^o^;)
でもこのエントリーはとても参考になりました。ありがとうございましたm(_ _)m
2007/10/21(日) 16:15:30 | URL | アニカ #OOupb5gQ[ 編集]
アニカ様
了解しました。

そちらのコメント欄、無事収束することを願っております。

あと、コメントがダブっていたので削除させていただきました。
2007/10/22(月) 01:06:01 | URL | AmlethMachina #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ヤメ蚊さんが「さらば毎日新聞」と題して、昨日の毎日朝刊の第1面にでかでかと載った、政治部長小松浩氏の《意見文》に腹を立てられてます。 私も第1面のど真ん中に載ったあまりに露骨な現在の米国主導、括弧付き「対テロ戦争」への
2007/10/19(金) 11:38:11) | とむ丸の夢
demianさんの「Demilog@はてな」の8/25付日記『mixiである人が「ネット右翼」について考えるコミュニティを立ち上げたと告知したところ』がとても面白かった。なんでも、告知の後『「自称中立」の人がやってきたり、しまいに
2007/10/19(金) 12:57:20) | 13日の水曜日
昨日19日の衆議院法務委員会で鳩山大臣の条約刑法(共謀罪)の早期成立を目指す旨の発言のあったことをこば☆ふみさんに教えていただきました。 なるほどビデオを聴けば、「強い指導力を発揮して重責に答える」とか「治安回復」
2007/10/20(土) 20:38:15) | とむ丸の夢
(人気blogランキング参加中。)まず、東大阪市のみなさま、市長選に行きましょう。(^^)/今日は話があちこちに飛びますが、それらに通底するテーマはあるし、ちゃんとまた元のところに戻ってくるのでよろしく~数
2007/10/28(日) 14:02:17) | 村野瀬玲奈の秘書課広報室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。