AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トンデモな裁判があったら、教科書は検定を通らないの?
アニカ様のところのコメント欄が面白すぎた(失礼)ので、一言だけ。

教科書検定問題って「日本軍による自決の強制があった」事実認定の問題ではなく、「なぜカルトな検定意見が採択されてしまったのか」ということだ。だから、政府のやるべきことは単に「カルトな検定意見が紛れ込んで採択されてしまったプロセスを国民の前に詳らかにし、再発防止策を明確にする」だけのことである。なんで政府与党はそういうごく当たり前のことをする見識がないかなあ・・・?

なので、「自決強要の事実認定」を教科書検定問題を議論する際に俎上に乗せるのは、そもそも問題外。ちなみに裁判で係争中の例があるから教科書の記述削除がまかり通るのであれば、「太陽が地球の周りを回っている!」と訴訟を起こすトンデモな方がいらっしゃったら理科の教科書から天文学の記述を全て排除するのと等価っす。

*

日本版「Dazed and Confused」最新号(「Art is Rock」特集)の表紙がかっこよくて、つい購入。エディ・スリマンの写真集がちょっと嬉しい。バウハウスのDrのケビン・ハスキンスの子供が参加しているBlack Blackのオフステージの写真が少ないながら掲載されており個人的にはポイント高いぞ!

日曜日、高輪台の古本屋に久しぶりに行ってみたら、モリニエや金子国義の画集やら山口椿の手彩色の自費出版画集、三島由紀夫関連本とか相変わらず物欲をそそられる品揃えだった。しかし、価値のわかっている方がつけている値段らしく、ちと手が出ない。く~っ!
装丁がちと面白い自費出版らしき「悪魔の花束」伊藤裕美(mille-fauile)を購入。店頭で軽~く目を通した感じだと出来はちとビミョー。だが、故寺山修司が監修していた新書館の「あなたのファンタジー」シリーズに載っていた文学趣味の乙女系作家の雰囲気がちょっとあるので、ちゃんと読もうっと。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして。
そういうカルトがやってたのが前政権でして・・・
まあもっとも公明党はホントにカルトなんですが・・・
産経は来場者のサバよみとか必死ですよね。そんなに自分とこの本売りたいんでしょうか
2007/10/23(火) 17:03:21 | URL | 買国奴 #-[ 編集]
こんばんは

そうなんですよね( 'o`;)
しかしああいう人々って、太陽が地球の回りを回ってるって信じてしがみついてるもんだから、どうしても地球が太陽の回りを回ってることから説明せざるを得ない。
わかりきったことをくどくど言わねばならないことほど疲れるものはないです〇| ̄|_
どなたか仰ってましたが、アメリカで、進化論の他に聖書も教科書に載せろって裁判があった時も、進化論が科学的事実なんだと詳しく説明する虚しい作業をやったんでしょうねぇ...
ちなみに軍の強制について併記すれば良いとの意見もありますが、私は併記に反対です。
2007/10/23(火) 23:10:01 | URL | アニカ #cVP6KeBw[ 編集]
お疲れ様です。
>アニカ様
コメント欄のやりとりを見ておりました。無事(?)収束したようですね。
今回のあの方も「全てを説明する完全なる証拠」を要求する王道の方だったので、アニカ様の脱力のほどお察しいたします。
「・・・の筈、だから・・・」の連発と論理と結論が一致しない点などたーん様、周五様の指摘を待つまでもなく、議論の体裁をなしているようで向こうの一方的な意見開陳にしかなっていないと思いました。
ちなみに創造論の顛末はマイケル・シャーマーの「なぜ人はニセ科学を信じるのか」に載ってますね。この本でトンデモの類型はほとんど網羅されています。個人的にはトンデモな方のFAQとしても効果的な一冊だと思ってます。(ホロコーストなかった論の章で示される論理とまぼろし派の論理の類似性はあきれるほどです。)もし既読であれば聞き流してください。

>買国奴様
コメントありがとうございます。
そもそも自民党自体カルトに支配されているんじゃないかと思っております。

これからもよろしくお願いします。
2007/10/24(水) 00:33:34 | URL | AmlethMachina #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
米国の年次改革要望書はそのうち外務省の和訳が出るだろうと思ってましたが、やはり気になったのでちょっと読んでみました。 かなりな部分で前年2006年と同じ文面が見られたのですが、特有の用語は出てくるし、複雑怪奇な郵
2007/10/22(月) 21:25:23) | とむ丸の夢
昨日のエントリー「年次改革要望書 「郵政改革」部分の訳」に項目「C」を追加しましたので、そちらをご覧下さい。 なお、何カ所かで細かい表現を訂正していますので、ご了承下さい。 この項目「C」では、6.が今年の年次
2007/10/23(火) 16:38:43) | とむ丸の夢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。