AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「テロとの戦い」が21世紀の大発明だったら嫌過ぎる。
なんか、鳩山法相が自身がテロリストだということをカミングアウトしたとか(え、そういう意味ではないの?)、F2戦闘機が事故るは消費税率上げは規定路線みたいに報道されるはとてんやわんやの今日この頃であれこれ思うことがあっても整理しきれない状況っす。

さて、テロ特措法関連で12カ国の駐日大使が国会議員向けの「継続してくれ」説明会を開いたとのこと。なんか気の弱いいじめられっ子の家にまでいじめっ子がよってたかって押しかけて「万引きや窃盗を手伝え!でなきゃ、仲間外れにするぞ」と言っている光景が目に浮かぶぞ。

その一方で「特措法が延長されなくても日米同盟関係は揺らがない」とほざいているところを見ると圧力かけたり、日本の世論向けにソフトな姿勢を見せたりと米国政府は喰えない奴らだと思うことしきりである。

なんだかんだ言って給油新法は米国の油を日本政府が血税でお買い上げして米国テロ軍団にインド洋までお届けしているのだから、全く平和貢献には繋がっていないのだ。大体、国債貢献を謳っている連中って軍隊出している連中ばかりじゃん。おまけにテロ対策と言いつつやっていることは特定の国への軍事活動であり、普通はそーいうのは戦争をやっていると言う。要は適当に標的となる国を探し出して攻撃する。でもって恒久的に戦場を作り出して一部のお方の懐にお金が転がりこむ仕組みだ。その口実として有効に機能する装置が「テロとの戦い」という21世紀の大発明だと断言する。

平和貢献であるなら丸腰で民生支援、復興支援あるいはNGO支援の形なんかで資金援助するとかしてアフガンの民間人が真に期待することをやるだけでいいのだ。戦争やりたい連中の妄言にいちいちつきあう必要はないと思うぞ。(*1)

ついでに言わせてもらえば日本政府は米軍に代わって6年間イラク攻撃の兵站を担ってきたのだから、その分のお駄賃をもらうべきなんじゃないかい?平和国家としての評価も下げたことだし、国民の精神的慰謝料として米国債の売却くらい要求してもバチはあたらん。別に郵政民営化の凍結でもかまわんけど・・・。


(*1)そう考えると前世紀の自民党の「金だけ出して何もしない」と揶揄された平和活動に対する政策も、実は合理だったのだと納得。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全くその通り
 20世紀には、ファシストとの戦い、冷戦(アカとの戦い)が発明され、21世紀はテロとの戦いで、いずれも「民主主義」の戦いと。やっていることは、古典的な帝国主義戦争だという訳で。全くげんなりします。
 ナショナリズムを煽り、『戦後レジーム』の脱却をアジる自民党が、米帝のセネガル兵として国民のケツと首を差し出すのは堪りません。
 イラク『参戦』の折、これだけ無理筋をごり押しするのだから、それ相応の利権に預かれるのだろうな、マレーを陥した時は少国民(一部)にゴムマリの特配があったと言う、寒い時期だし地域振興券宜しく灯油かガソリンの一斗缶を配ってくれるのではないかと『期待』しました。勝ち馬に乗って侵略戦争することの嬉しさを、お馬鹿な国民に、教えてくれるだろうとね。そしたら、原油価格が吊り上って、冷やし玉にするからと言って、血の一滴の備蓄石油を米帝様に簿価で?売らされてしまいましたとさ。
 本と、買弁ばかり、衛星プチ帝国です。
 湾岸戦争の時、米帝様は金で貰うのが一番嬉しかったようで、当然ですが。米帝は、ずいぶん金が残ってえらくもうかったみたいですね。外務省や自民党タカ派は、千載一遇のチャンスに兵隊を出せなくて非常にショックだったようですが。
 次回も楽しみにしています。CX,PXなんかの論評も伺いたいです。
2007/11/01(木) 21:35:22 | URL | L #-[ 編集]
なんか玩具の話みたいで申し訳ありません
L様

CXとPX(現在はXPと呼ぶ方がいいでしょうか?)については、まだ情報が少なくて何とも言えないというのが正直なところです。

国産技術の蓄積という点で意味はあると思いますが、巷で言われているほど共用化による設計コスト削減とかその他のメリットというのは感じません。
なお、自分のスタンスからするとCXにはネガティブ、PXは必要悪、条件付でポジティブ・・・というレベルでしか評価できません。前者については日本の国土においては固定翼機による空挺の必然性が感じられないので下手すると海外での米国のパシリにしかつかえないんじゃないか。現時点ではそう考えてます。性能や航続距離によっては周辺諸国への緊張を高めるメッセージになるだけではないでしょうか?後者については全周を海に囲まれた日本の地勢条件を考えた場合、必須です。でも、本当はない方がいいなア・・・という意味で条件つきの評価です。

あとどーでもいいかもしれませんが、航空ファンなんかに「自衛隊の情報総合システムを提供してます」みたいなボーイング社の広告が載ってますが、これって軍事的バックボーンを他国に依存しているという意味で無茶苦茶危険なメッセージを発信していると思うのですが・・・。

2007/11/03(土) 02:40:03 | URL | AmlethMachina #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/03(土) 13:19:41 | | #[ 編集]
詳細なコメントありがとうございます。
自分にはやはり防衛省の目的に対する費用対効果、コスト意識の希薄さが理解できかねます。そもそも、目的自体も合理であるかどうかもきちんと検証されないのは、本気で安全保障を考えているとは思えない態度だと思ってます。

なお、アクセンチュアについては別件でヤメ蚊様のところが話題にされてましたね。
ご指摘のとおり、知っている人には言うまでもないことですし、諦めモードになるの当然だと思います。TRONの件もありますし。
2007/11/04(日) 00:08:41 | URL | AmlethMachina #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
悪夢はまだ終わらない、の思いを強くしたのが朝8時40分過ぎのNHKニュース。 福田ソーリをはじめとして閣僚の面々がずらりと並び、マスゾエ氏もいるところに、御手洗氏ほか経済人が顔を揃えています。 予算のむだを徹底して
2007/11/01(木) 17:46:33) | とむ丸の夢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。