AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防衛省が開発していたのはガンダムではなく多脚砲台だった!(補足あり)
防衛省によるガンダム開発が話題になっているが、既にあちらこちらで指摘されているように期待はずれの歩兵の兵装に毛の生えたモノであるらしい。しかし、旧日本軍の血を色濃く残した防衛省がそんなものでお茶を濁す筈がない。

そこで独自のルートで入手した情報を公開する。
本土血戦兵器・零七式多脚砲台、開発コード「黒豹」である。既に実物大モックアップも作成されており、1/8スケール模型により制御動作の検証実験に入っているようである。

本土血戦兵器・零七式多脚砲台、開発コード「黒豹」

本土血戦兵器・零七式多脚砲台、開発コード「黒豹」


(補足)
 勢いだけで作っちまったので、おまけ↓
20071111022842.jpg

  う~ん、我ながら気持ち悪いものつくっちまった・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 いよいよ植草さんも言っている、最後の決戦が迫ってきている気がしてます。絶対に負けられないたたかい。 関連投稿「マル激トーク・オン・ディマンド 第326回「右翼も左翼も束になってかかってこい」、ネオリベ対コーポラティズムは知らなかった。」「7日のコラムの花道
2007/11/11(日) 00:48:27) | 雑談日記(徒然なるままに、。)
『サンデー毎日』で話題になっている防衛ロビイスト秋山某氏については、だいぶ前から問題になっていたようです。『アクセスジャーナル』では昨年の5月から6月にかけて、「日米軍事利権の狭間で暗躍する(社)「日米文化振興会
2007/11/12(月) 13:29:36) | とむ丸の夢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。