AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥獣戯画がやってきた!
先日、六本木ミッドタウンのサントリー美術館で開催されている「鳥獣戯画がやってきた!」を観て来た。

京都の高山寺に所蔵される「鳥獣戯画」4巻を中心に断簡、模本類も含めて展示される内容で、普段から馴染みのある図版を含む全体像が紹介されているということで、結構楽しみだったのだ・・・が。

「鳥獣戯画」四巻については、今までよく知らなかったのだが最初の二巻(甲巻、乙巻)が動物を擬人化して表現している、所謂「鳥獣戯画」と言ってすぐに想起される作品である。これに対して丙巻、丁巻は人物戯画といった感の強い作品。作者も異なるらしく画風もかなり異なる。やはりタッチの精緻さや品がよく動きのある画風の甲巻、乙巻が素晴らしい。これが平安時代に描かれていたという事実にちょっと吃驚。丙巻、丁巻は残念ながら作者の力量の差を感じてしまうというのが正直な感想だったりする。

中にはユーモアと諧謔というには、どちらかというとお下劣な「勝絵絵巻」「放屁合戦絵巻」。前者はペ○ス比べ、後者は文字通りの内容と、所謂「日本の古美術がどうこう・・・」なんてしかめっ面しい顔して観に行くと頭抱えてしまう代物もあって、ちと愉快痛快かもしれん。

断簡、模本を同時展示することで現存する作品と初期の作品状態の相違点が指摘されるなど、美術史的な観点もわかり易い面白い展示だったんじゃないかと思う。
残念なのは展示内容が前期(11/3~11/26)と後期(11/28~12/16)で異なっており、一番観たかった甲巻の場面が前期展示の中にはなかったことである。展示スペースの関係とか大人の事情もあるのかもしれんが、もちっと配慮してくれてもいいと思うのだ。そんなに足繁く通える人間ばかりじゃないのだから・・・。

子供向けに無料で配っていたパンフレット「おもしろびじゅつ帖ー鳥獣戯画の巻ー」は、巻物というスタイルも楽しいし子供が素直に親しめるといった点でかなりいいグッズです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。