AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本はコストを最大化することが自己目的化しているのか?
最近、あまりに下らない政治ネタが多すぎて怒りを通り越してガク然とするしかない今日この頃である。

年金問題が「公約違反」かどうかとか福田氏と枡添氏の発言が問題になっている。客観的に「公約違反」以外の何者でもないが、とりあえず脇におく。

「政策実現能力があるのは自民党だけ」とか「最後の一人まで・・・」とかブチ上げておいて、「ないものはない」とか「選挙対策です」なんて言うのは、自分たちの無能さを認めるようなモノっしょ?そのあたりの場当たり的な発言を何も考えずに繰り返すのは、「所詮、国民のことは他人事。自分たちの失政で死生が左右される人間がいることに想像が至らない」証左だぞ。

まあ「このくらいの公約が守れないのはたいしたことない」と言い切ってしまう買弁政治家が出てきたあたりから、民主主義国家を装うこともなくなって「誰の利害に忠実なのかわかり易いと言えばわかり易い」のだが。

実のところ名寄せ不可能なデータの中には入力ミスなどの理由により紙台帳と照合できないものが存在することは参院選の前から予想できたことだ。おまけに紙台帳自体が遺失して突合できない例も多々あるはずだ。それらのことを考えたら、いまさら「突合がどうこう」などとホザいて無駄なリソースを投下するより「未払いとなっていると推測されるケースは全て救済する」べきである。そして、そうしない理由はない。

でもって、この無駄なリソース投下の図式は薬害C型肝炎についても全く同じことが言える。「被害者全員救済」であるべきだし、それが実は一番コストがかからない民主国家としての対策だ。そもそも救済対象を限定し、その行為を正当化するために必要な有形無形のコストは莫大なものだし再発防止の効果も限定的だろう。(*1)

要は今の自民党政治って本質的な対策、解決を先延ばしにして(先延ばしにしないと都合が悪いのだろう)無駄なリソースを投下してコストを最大化することが自己目的化しているとしか思えないのだ。

っつー訳で来るべき衆院選では下野してもらいましょう。あと、自公ルールの選挙とならないように「電子投票法案」も「ネット監視法案」も要監視だっ!


(*1)有形無形のコストという考え方は村野瀬様の「死刑制度のコスト」から辿ると面白い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 今日現在の検索結果です。TBP「自民党政治」はすべて1ページ目で1位から3位以内に入っています。「自民党政治」で検索すると圧倒的に自民党政治に批判的なページがヒットするのが分かります。  今日、まったくの新人の方がTBP「自民党政治」に参加しているのを見...
2007/12/18(火) 08:49:07) | 携帯版雑談日記(徒然なるままに、)
お玉さんのところで知りましたが、防衛省はマンガで小学生に弾道ミサイルが必要なことを教え込みたいらしい。            一方文科省は中学生の時から「小さな政府」が必要なことを教えて、しっかり自己責任の果
2007/12/18(火) 08:53:20) | とむ丸の夢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。