AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトル・ダンサーのサントラについて

以前、拙ブログでも取り上げた映画「リトルダンサー」のサントラ盤を見つけた。

この映画は80年代の炭坑街を舞台にバレエ・ダンサーを夢見る少年の物語だ。
では、サントラはバレエ音楽のコンピかと言ったらさにあらず。T.REXを中心にクラッシュやらジャムの曲が収録された、思いっきりロックなアルバムなのだ。

この映画を見たときはT.REXの楽曲ばかりに目が行ってしまって気づかなかったのだが、80年代のさびれた街に流れるサウンドトラックがパンクムーブメント下にあるクラッシュとジャムだったのだ。特にジャムのポールウェラーはスタイルとしてはネオ・モッズでポップでお洒落な感じのインスツルメンタルに政治性の強い歌詞をぶつけておるので、なおさらサッチャー政権下のストライキ真っ最中の閉塞感の中の気分にはずっぱまりだったんじゃないかと思う。

そして、T.REXはグラマラスな世界への願望と予感として機能しておるのだ。ずっとT.REXの「コズミック・ダンサー」はビリーくんの心象風景だと思っていたのだが、赤尾美香によるライナーに「マーク・ボランが兄ちゃんの10年前のアイドルだったのかも」という指摘があり納得。考えてみればマーク・ボランは「パンクのゴッド・ファーザー」という評価もあるのだから、クラッシュやらジャムへの系譜として解釈すると決して突拍子もない組み合わせでもない。

このサントラが最高にグーなのは映画では流れないスタイル・カウンシルの「シャウト・トウ・ザ・トップ」「タンブリング・ダウン」が入っているところだ。スタカンといえばポール・ウェラーがジャムの後にミック・タルボットと組んだモロお洒落なサウンドのユニットだ。ここではアシッド・ジャズへ連なる音世界を展開しているわけなのだが、やっぱし歌詞は政治性が強い。この2曲はTVでもよく使用されるので聴いたことあるだろう。特に後者の「タンブリング・ダウン」はこの順番だとヤケに高揚感がある。ビリーくんが踊りまくりながら街を走っていく姿を思い出しながら聴くと、かっちょいいんだか嬉しいんだか何だかわからなくなってこっちが踊りだしたくなるような感覚がある。

映画の方もそうなのだが、ほんのちょっとの希望と夢を抱えて現実を生きていくためのサントラとしてお薦めである。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ポール・ウェラー、かっこいいっす!
 お久しぶりです。いつも読んでます。モリッシーじゃないけど、どうしてポール・ウェラーじゃないんだと枕を濡らしたもんです。彼、ちょっと、キリコ・キュービーに似てますね。
 スタカンといえば、政治路線問題で対立して解散だか、メンバーチェンジしたと増井修がいってたことを思い出します。名曲ぞろいですが、炭鉱スト支援のあの一曲は、日本ではもっと見直されて欲しい。状況だけは、あの頃のイギリスと今の日本は良く似ていると思います。でも、地下鉄で撲殺されるのは嫌だなあ。
 では
2007/12/27(木) 22:20:56 | URL | L #-[ 編集]
キリコですか。
最近、新シリーズがリリースされているようですね。いきなり「プライベート・ライアン」のノルマンディー上陸をやっているという噂が・・・。

「リトルダンサー」を観た当時はあまり意識しなかったのですが、やはり最近の日本って治安面はともかくサッチャー政権下の英国にどんどん接近してるんでしょうね。サントラ聴きながら気付かされました。搾取される側はもっと怒るべきだと改めて思います。

あと、ポール・ウェラーってネオ・モッズのアイコンになってしまった感がありますが、スタイルはともかく根は怒れるパンクなんでしょう。そういった当たり前の事実を再認識させられるサントラでした。

2007/12/28(金) 14:39:40 | URL | AmlethMachina #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。