AmlethMachina's Headoverheels
ゴシック・ノワールを標榜するAmlethMachinaによる音楽を中心にした備忘録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球温暖化という言葉を口にされるとつい身構えてしまうのだ
最近、再生紙の配合比率偽装問題が製紙業界全体に波及するという報道があったりする。こーゆーことがあると、地球温暖化とかエコというタームだけが一人歩きしている現状に胡散臭さを感じているだけに、ぜ~ってえ環境利権なんかがあるだろうとつい穿ってしまうのだ。

とりあえずはいい機会なので、自分の地球温暖化への見解を整理する。

地球温暖化は本当か?

いきなりだけど、地球温暖化と言われる現象が論理的に検証されている事実なのかまず疑問視している。というのも北極の氷が溶けている。その他内陸部での氷床が溶けているという事実は歴然と存在している。しかし、南極の外縁が後退している一方中央部の気温は下がっているというデータが一方であったりする。でもってここ20年くらいの観測で気温が上がっているというけれど、それって本来の気候変動の範囲なのか、それとも人類の産業活動による影響なのかはやはりまだ仮説の域を出ていないと考える。

ただし、産業活動の影響とする仮定は予防措置的な観点からは合理だし、仮に地球温暖化というマクロな環境負荷はなかったとしてもローカルな環境負荷を小さくするという意思決定をするという意味で有効であると言える。

地球温暖化はCO2のせい?

よく言われる地球温暖化は温室効果ガスによるメカニズムで説明される。そしてCO2がいつも槍玉に挙げられる。しかし、温室効果ガスとしての影響のほとんどは水蒸気だったりする。そして、残りがCO2やらメタンやらだったりするのだが、産業活動によるCO2の排出量が自然界に存在するCO2の3%とか言われている。そうすると、一般的に流布しているイメージよりはCO2のみの影響は小さい。その一方で地球温暖化のメカニズムの一つとして太陽黒点の変化と気温変動に相関関係があることから太陽風の影響による雲の発生の変化(*1)がアルベドを変動させているという説もある。
つまり温室効果ガス説をとったとしてもCO2だけが問題とされるのは適切ではないし、太陽黒点の影響説をとったとしたらなおさらのことである。気温の変化と大気中のCO2量の変化も相関関係が認められるということであり因果関係を完全に説明できているわけではないことも注意が必要である。気温の上昇により大気中のCO2が増加するという説もある。

よくTVで2100年までに気温が上昇し・・・というシミュレーションを映像化されるとついCO2の排出はいけないという結論にとびつきたくなる。しかし、注意が必要なのはあれはCO2の影響によるモデルでシミュレートされたものだから、当然あのような結論が導き出されるということである。人類の産業活動による温暖化という事実があるのかも十分検証できていないのだから、数ある仮説の一つと見るのが妥当である。

ではCO2はバンバン排出しても問題ないのかと言えば、そんなことはない。なぜなら排出量は化石燃料を使用した環境負荷の指標の一つとして有効だと考えるからだ。しかしCO2のみに着目して環境負荷を議論するのは、木を見て森を見ずということである。唯一つの要因だけで判断するの危険である。

地球温暖化への対策として原子力は有効か?

以前、拙エントリでもとり上げたが、欺瞞である。
ただし、当該エントリで熱排出が地球温暖化に直結するように書いたのは認識誤り。太陽によるエネルギーの総量が大きすぎてマクロ規模での影響は無視できる。しかし温熱排水による建設地沿岸の水温上昇などのローカルな環境への影響はあるため、環境負荷という観点では無視するべきではない。なので論旨自体は変えるつもりはない。

認識誤りがあったので、反省して「もしかしたら原子力は有効なんじゃないか」という観点で色々確認してみた。そしたら、次のことが言えた。
日本国内で広報される原子力の発電コストは揚水発電(*2)のコストを水力発電のコストに計上しており、実際に原発を運用する上で必要なコストとなっていない。また、事故発生時のコストや廃棄物処理のコストも無視されている。そのため他の発電よりもコストが安いというのはウソである。
原子炉単体では確かにCO2は排出しない。しかし、発電に必要な真水やらその他のリソースを得るために化石燃料を使用するため、原子炉を運用するシステム全体では逆に火力発電よりもCO2を排出する結果になる。だから原子炉を導入することが脱炭素社会への一歩だというのはウソである。

う~む。全然いいとこ、ないじゃん。調べない方がよかったかもしれん

以上、整理してみた。

CO2の削減目標を設定するのは決して悪いことじゃない。省エネや環境に配慮することは問題ないし、代替エネルギーを模索することもちっとも悪いことじゃない。
ただ、地球温暖化もそのメカニズムも、本当のとこはまだよくわからんというのが真実だろう。問題はCO2が諸悪の根源でCO2排出量のみが一人歩きしていることなのだ。

最近もトヨタが家庭で充電できる電気自動車をエコカーとして発表したが、確かに単体ではCO2は排出しないかもしれん。しかし、その電気はどこから手に入れているのだ?結局のとこ、火力発電や原発に頼る限り、CO2はどこかで排出されるわけだ。おまけに蓄電しモーターを動かすプロセスでのエネルギー損失を考えると、電気自動車の軽量ボディやらに燃費のいいガソリンエンジンを搭載した方が実は社会全体でのCO2排出量は少ないかもしれん。

またバイオマス燃料についても同様だ

要は一つの要素のみをクローズアップすることで、本質的な議論を遠ざけているのだ。多分、環境負荷について真正面から取り組むことは輸送のためのインフラを含め社会のありようまで見直す必要があるのだろう。そういった事実から目をそらせ、「とりあえず努力してますという気分」を満たすための道具としてCO2排出量という言葉が機能しているような気がしてならない。また、地球温暖化というグローバルな問題設定が国際規模での環境利権も発生させているんじゃないだろうかとさえ思えるのだ。

だから地球温暖化という言葉を口にされるとつい身構えてしまうのだ。


(*1)霧箱の原理で大気中を通過する宇宙線が雲を発生させるのだと説明されている。
(*2)原発の夜間の余剰電力で水をくみ上げて水力発電させる施設。原発は小回りが効かないのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。